トラストウォーターを水素濃度が高いが飲みきりサイズではないのが難点か・・・

仙寿の水

 

健康に良い水素水といってもいろいろありますが、飲みやすさで人気の仙寿の水と水素濃度で注目されているトラストウォーターを比較してみると良いでしょう。

 

トラストウォーターは水素濃度が業界最高レベルの3.0ppmとなっており、パッケージは特殊4層構造のアルミパウチであるため、しっかりと水素を摂取することができます。

 

水素はというのは普通のペットボトルに入れてもすぐに抜けてしまうため、トラストウォーターは特殊4層構造のアルミパウチに入っているのです。

 

しかし、仙寿の水についているような飲み口はついていないため、飲む時はパウチの端を点線に沿って切り取って開けることになります。

 

そのまま飲み干すことができれば良いのですが、難しい場合はコップに入れて飲むことを考えるでしょう。

 

コップに入れるだけで水素はすぐに逃げてしまうため、その代わりにトラストウォーターは水素濃度を高くしていると考えることもできます。

 

水素濃度の高い水素水の場合、少し長く補完していても水素が完全に無くなってしまうリスクが低くなるというメリットが挙げられます。

 

トラストウォーターは仙寿の水と違い、1パック420mlなので飲みきりサイズではありません。

 

そこで半分くらい飲んで後は保管することになるでしょう。保管するならパックを折り曲げてテープやクリップなどで留めることになりますが、いくら他の商品と比較して高濃度の水素水であっても、長く放置しておけば水素は逃げてしまいます。

 

しかし、仙寿の水は250mlの飲みきりサイズとなっており、一度パッケージを開けたらすぐに飲み切ることができるでしょう。

 

仙寿の水の水素濃度は1.2〜1.6ppmなのでトラストウォーターよりも低いのですが、飲み切ってしまえば水素の効果をしっかりと実感することができます。

 

また、仙寿の水は独自の製法で水素を充填しており、水素がより体に吸収されやすくなっているという特徴もあります。

関連ページ

楽天でも買える?仙寿の水はどこで購入するのが一番お得か?
仙寿の水は一路真輝さんがPRしていることで有名な健康・美容のための水素水です。楽天で購入することができるのか調べてみました。
感じた効果について
妊娠中ならではのお悩みをお持ちのマタニティの方に仙寿の水を飲んで感じた効果をインタビューしました。水素水はやはりマタニティの方にも強い味方となるようです。
キヨラビと比較すると
健康家族の仙寿の水はCMで一路真輝さんがPRしていることでも有名な水素水です。キヨラビもまた人気を集める水素水ですが、双方を比較した場合どのような違いがあるのでしょうか?こちらにまとめました。
伊藤園の高濃度水素水との比較
仙寿の水と伊藤園の高濃度水素水の水素濃度・製法・賞味期限などの基本データを比較した結果、製法が同じなので製造時の水素濃度も同一であると考えられますが濃度表示に大きな差が見られます。
熊本県菊池の天然水【浸みわたる水素水】との比較
仙寿の水と熊本県菊池の天然水を比較した結果、1パックあたりの内容量がそれぞれ250mlと500mlで、値段は225円と420円で量・値段ともに約2倍の差がありました。
高濃度水素水セブンウォーターと比較
多くのメーカーが販売している水素水。 なかでも人気の高い、仙寿の水は飲みきりサイズで味が美味しく、高濃度水素水セブンウォーターは、業界最高レベルの高濃度水素水で効果が高いと評判です。