仙寿の水VS伊藤園の高濃度水素水

仙寿の水

 

仙寿の水の基本データについてですが、表示されている水素含有量:1.2〜1.6ppm(マイクロナノバブル製法)、250mlのアルミパウチ容器入り、賞味期限:90日、定期コースを利用した際の1本あたりの値段:225円です。

 

これに対して↓

伊藤園の高濃度水素水に表示されている基本データは、表示されている水素含有量:1.9〜2.5ppm(水素ガスを細かい気泡状態で水に吹き込む独自の充填方法で製造)、200mlのアルミパウチ容器入り、賞味期限:9ヶ月、定期コースを利用した際の1本あたりの値段:217円となっています。

 

両者の製法についてですが、伊藤園の方は独自の充填方法とされていますが、両者とも水の中に微小サイズの水素ガス気泡を吹き込むことで水素を水に溶かす方法なので原理的には全く同じです。

 

さらに両者ともアルミパウチ容器を使用しているので容器内部の圧力は大気圧である1気圧です。

 

内容量を比較すると仙寿の水の方が2割多いのですが1本あたりの値段は8円程度の差でほぼ同じです。

 

仙寿の水と伊藤園の高濃度水素水について、肝心の水素含有量を比較すると、伊藤園の方が約1.5倍高い数値となっています。

 

常温常圧(20℃、1気圧)における純粋に対する水素(気体)の溶解度は1.62ppmであり、0℃付近でも1.96ppmなので、1気圧の状態で水素含有量が2ppmを超えることなど絶対に起こり得ません。

 

両者ともパウチ容器なので容器内部の圧力は1気圧であり、仮に飽和状態であったとしても水素水に含まれる水素含有量は最高で約1.6ppm程度となります。

 

このためパウチ容器の製品に含まれる水素含有量について仙寿の水の1.2〜1.6ppmという数値は妥当であると考えられます。

 

これに対して伊藤園の1.9〜2.5ppmという数値はパウチ容器の製品ではあり得ない数値なので製造時に加圧した状態で測定したデータであると考えられ、消費者に誤解を招く恐れがあります。

 

さらに仙寿の水は水素濃度測定を高い頻度で行っていて賞味期限が90日と短いのですが、伊藤園の方は9ヶ月と長期です。

 

9ヶ月間保管した後の水素濃度の測定データが気になるところです。

関連ページ

楽天でも買える?仙寿の水はどこで購入するのが一番お得か?
仙寿の水は一路真輝さんがPRしていることで有名な健康・美容のための水素水です。楽天で購入することができるのか調べてみました。
感じた効果について
妊娠中ならではのお悩みをお持ちのマタニティの方に仙寿の水を飲んで感じた効果をインタビューしました。水素水はやはりマタニティの方にも強い味方となるようです。
キヨラビと比較すると
健康家族の仙寿の水はCMで一路真輝さんがPRしていることでも有名な水素水です。キヨラビもまた人気を集める水素水ですが、双方を比較した場合どのような違いがあるのでしょうか?こちらにまとめました。
トラストウォーターと比較すると?
CMでもお馴染みの健康家族「仙寿の水」ですが、同じく人気水素水のトラストウォーターと比べるとそれぞれどのような特徴があるのでしょうか?こちらにまとめました。
熊本県菊池の天然水【浸みわたる水素水】との比較
仙寿の水と熊本県菊池の天然水を比較した結果、1パックあたりの内容量がそれぞれ250mlと500mlで、値段は225円と420円で量・値段ともに約2倍の差がありました。
高濃度水素水セブンウォーターと比較
多くのメーカーが販売している水素水。 なかでも人気の高い、仙寿の水は飲みきりサイズで味が美味しく、高濃度水素水セブンウォーターは、業界最高レベルの高濃度水素水で効果が高いと評判です。